コラーゲンの基礎を知ろう

コラーゲンは真皮や靭帯、骨、軟骨といった組織を構成しているタンパク質の1つとなります。 多細胞生物の細胞外マトリクスの主成分となります。 身体の中に存在をしているコラーゲンの量については、人であれば総タンパク質の30%を占めると言われています。 コラーゲンは、身体の中での働きだけに留まらず人間の生活に様々な形で利用をされています。 身近なゼラチンの原料はコラーゲンですし、化粧品や医薬品といったものにも幅広く活用をされています。

コラーゲンの細繊維は、多くが寄り集まり結合組織内において、強大な繊維を形成させる場合があります。 これが、コラーゲン繊維と呼ばれるものになります。 コラーゲン繊維は、適切な染色を行う事により、光学顕微鏡でも観察をする事が出来ます。 このコラーゲン繊維がびっしりと詰まって形成をされているのが、皮膚の真皮や腱といった部位になります。

コラーゲンは、結合組織と呼ばれる部分に力学的な強度を発揮するのに非常に役に立っています。 しかも、弾力性も持っています。 この事によって、骨や軟骨の弾力性を増す手助けをしてくれ、衝撃などから起こり得る骨折といったものから、身体を守ってくれているのです。 もちろん、肌の弾力もコラーゲンの存在があっての事です。